So-net無料ブログ作成

CROWN Ⅲ Lesson9/ Optional Reading 和訳 [CROWN Ⅲ]

マイケル・サンデルの教授法は、生徒に、彼らの善悪の感覚を試さなければならない倫理的なジレンマを与えることだ。

倫理的なジレンマは、どちらにしても悪くなると思われる二つの可能性の間から、選択を要求する。たいていは、絶対的に正しかったり間違っていたりする答えは無い。その人が選んだ選択は、その人の全体的な倫理観を反映することになる。最も有名な倫理的ジレンマの一つが、トロッコ問題である。

あなたはトロッコを運転している。トロッコはカーブに差しかかり、あなたは5人の作業員が線路を修理しているのを見る。線路はその時点で谷を走り、左右の斜面は急である。5人の作業員にぶつかるのを避けるためには、トロッコをすぐに止めなければならない。あなたはブレーキをかけるが、ブレーキがきかない。その瞬間、あなたは線路の別れ道が右に伸びているのを見る。あなたはスイッチを切り、別れ道に行くことで、前方のまっすぐの道にいる5人の作業員を救うことができる。しかし、別れ道にも1人、作業員がいる。前方の5人の作業員と同様、別れ道のその作業員も線路から離れて衝突を避ける時間は無い。別れ道に入れば、一人の男性を殺すことになる。

あなたがトロッコの運転手だった場合、どのようにするか。あなたには二つの選択肢しかない。何もしないか、スイッチを切るか。行動しようとしまいと、誰かは死ぬ。

何もしなければ、事故が起こり、5人が死ぬ。スイッチを切れば、事故を避けられるが、そうすることで、1人の死を引き起こす。

故意に他の人の命を奪うことは、果たして正当と認められることなのだろうか。

5人を救うために1人の命を奪わないとしたら、50人を救うためならそうするだろうか。あるいは、500人なら? 5,000人なら?

行うべき正しいこととは何だろうか。


スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。