So-net無料ブログ作成
検索選択

CROWN Ⅲ Lesson3/ Section3 和訳 [CROWN Ⅲ]

「あなたは毎日、心臓が重篤な状況にある患者を診て、病院でほとんどの時間を過ごしています。患者に関わるために、あなたがしていることは何かありますか」
 患者と良好な関係を築くこと、そうして、彼らの信頼を勝ち取ることは、医師にとっては非常に重要なことです。わたし自身は、患者の心臓の音を聴くときに、聴診器を手で温めてから彼らの胸に当てるようにしています。それから、わたしは患者にわたしの心臓の音を聴いてもらい、両者の違いを知ってもらうようにします。これをわたしは、医師であるわたし自身と患者の間にある距離を縮めるためにやっています。患者は手術のために自分の命が失われるかもしれないと知っている状態で来ているということを理解しなければならず、そのため、わたしたちは、そのような困難な決定をなした人々へ敬意を持つ必要があります。

「出る杭は打たれると言われます。世界で最高の心臓外科医の一人として、打たれたことはありますか」
 そうですね、今挙げられたことわざは一部分しか事実ではないと言いたいですね。出る杭が打たれるときはあるかもしれませんが、それは少ししか出ていないときです。杭が、残りの杭よりもはるかに高い位置まで出ていたら、決して打たれはしません。そう考えることで、わたしは若い野心的な外科医にやる気を持たせることができることを望んでいます。

「ライバルはいますか。もしかして、ブラック・ジャックでしょうか」
 大鐘稔彦氏の書かれた漫画の主人公である当麻鉄彦の名を挙げたいと思います。当麻はどういうわけか、わたしに、かつてわたしが若く野心的な外科医だった頃のことを思い出させてくれます。彼は可能な限り最善の手術を行うことによって、患者と家族を幸福にするためにベストを尽くそうとします。ライバルというよりは、彼は、わたしがそうなりたいと思っている種類の外科医の理想像なのかもしれません。

【語句解説】
relationship「関係」 chest「胸」 due「(due toで)~が理由で」 nail「釘」 hammer「ハンマーで打つ」 proverb「ことわざ」 aspiring「野心的な」 rival「ライバル」 Black Jack「ブラック・ジャック(※手塚治虫の描く漫画のキャラクター)」 ideal「理想的な」


スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました