So-net無料ブログ作成

CROWN Ⅲ Lesson3/ Section2 和訳 [CROWN Ⅲ]

「お父様を亡くされたことはあなたにとっては痛烈な打撃だったはずです」
 はい、ひどいものでした。わたしが手術をしたわけではありませんが、父の死にはわたし自身が責任を感じずにはいられませんでした。同時に、わたしは、父が自分の命を犠牲にして、わたしに外科医としてなすべきでないことを教えてくれたように感じました。わたしは、わたしの助けを必要としている多くの患者の命を救うために、技術のある外科医になれるよう、できることは何でも行うことに決めました。病院で一日の仕事を終えた後、わたしは夜通し縫合の練習をしていました。素晴らしい外科医がいると聞けばいつでも、わたしは彼らに会いに行って、その手術を観察しました。わたしは、彼らに、自分が完全に満足するまであらゆる種類の質問を行いました。その当時からずっと、わたしは、外科医として常に技能を向上させることのみを考えています。

「それでは、お父様の死から多くのことを学ばれたんですね」
 はい、その通りです。ご存知の通り、非常にかすかなミスでさえ、患者を危険にさらす可能性があります。これは、おそらくは、わたしが父の死から学んだ重要な教訓の一つでしょう。わたしは出会う患者の一人一人全ての命に責任があることが分かっていますので、彼らの命を救うために可能な限り最善の努力をしています。わたしは、「近道をしようとするな。ただなすべきことをこなせ」と、自分に言い聞かせています。「妥協」という言葉は、わたしの辞書にはありません。

「あなたのことを『神の手を持つ外科医』と呼ぶ人もいます。そのことについては、どのように感じていますか」
 そうですね、この比喩はわたしにとっては意味がないと思っています。本当に必要なのは、「神の手」ではなく、手術前の注意深い計画と、状況を計算し予想する能力です。わたしはこれまでに6,000件を超える手術をこなしてきて、この経験によって、危機的な状況で取るべき一連の行動を予想しやすくなっています。手術においては、起こるかもしれないどのような状況にもすばやく性格に対応できるように、五感を最大限使うことが重要です。

【語句解説】
blow「一撃」 devastating「壊滅的な」 sacrifice「犠牲にする」 skilled「技能のある」 stitch「縫合する」 single-minded「一心の」 absolutely「絶対に」 slight「かすかな」 responsible「責任のある」 compromise「妥協」 metaphor「比喩」 calculate「計算する」 critical「危機的な」 respond「反応する」 occur「発生する」


スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。