So-net無料ブログ作成

CROWN Ⅲ Lesson7/ Optional Reading 和訳 [CROWN Ⅲ]

バイリンガル能力を研究している認知神経科学者は、バイリンガル能力がどのように脳に影響を与えるかということについて意見を変え始めた。

単一言語を使う子どもと二言語を使う子どもが、言語を処理する過程には大きな違いがある。もし、5歳から6歳の子に言語の問題を与えて解かせたら、単一言語を使う子どもも二言語を使う子もも、同じ量の言語を知る。

しかし、ある地点で、違いがある。たとえば、ある非論理的な文が、文法的には正しいかどうか、子どもに尋ねるとする。「カキが靴を履いている」といったような。単一言語を使う子はこう答える。「そんなのおかしいよ」と。しかし、二言語を使う子は、こう言う。「それはおかしいけど、文法的には合っているね」と。二言語を使う子たちは、重要な情報に注意し、重要でない情報を無視する能力を持つ。

脳の中には、総支配人のような働きをする、高位のコントロールシステムがある。その仕事は、重要なことに集中させ続けることだ。もし二つの言語を知っていて、日常的に使っていたら、話すたびに、両方の言語が現れて、高位コントロールシステムが、全てを分類して、そのとき重要なことに集中する必要がある。二言語を使う人たちは、そのシステムを、単一言語を使う人々より頻繁に使って、それが、そのシステムをより効率的にしていく。

長い間、1960年代頃までずっと、二言語を使うことは不利だという伝統的な考え方があった。二言語を使うことは、両方の言語に欠点があることだと思われていた。わたしたちは、今は、その反対の事こそが真実だと知っている。二言語を使うことは、単一言語を使うことより、明らかに利点がある。

人々は母語を子どもたちに伝えるべきだ。それには、二つの大きな理由がある。第一に、母語は、子どもたちと先祖をつなぐ。第二に、二言語を使うことは人間にとって良いことだからだ。二つ以上の言語を定期的に使うことは、一種の脳のトレーニングになる。それは脳を強化する。

しかし、高校で取っている外国語学習のコースが、あなたの脳を強化すると想像してはいけない。もし脳を成長させたいなら、いつも二つの言語を使う必要がある。時々使うだけでは、二言語使用の利益は得られない。


スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。